FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

今回は自分自身へのまとめ的な意味も込めまして、FXって何のことだか全くわからない!という方のためにFXのポイントを書きますね。
外国為替証拠金取引「Foreign Exchange」の略称であるFXは異なる国の通貨を売買取引してレートの価格変動による差益や2国間通貨の金利差益を狙う金融商品です。大きな特徴として「ほぼ24時間取引ができる」「少ない資金で大きな金額の取引ができる」「買いだけでなく売りからも注文することができる」ことなどがあります。
「ほぼ24時間取引ができる」
為替の市場は世界中の経済取引であり常にメインとなる何処かの市場が開いています。日本では深夜でも地球の反対側では活発に取引が行われているのです。ですので基本的に為替市場が眠ることはありません。しかし市場は開いていても取引ができない時間はあります。為替取引ができる時間は利用しているFX業者によって異なります。土曜と日曜、世界の祝日は取引できない場合が多いようです。
「少ない資金で大きな金額の取引ができる」
FXにはレバレッジというものがあります。レバレッジとはてこの原理のことです。これは証拠金倍率といって預けている資金(証拠金)を担保に大きな資本を借り入れることができるシステムです。個人取引にはレバレッジは25倍までという規制があります。レバレッジの倍率に関係なく取引する量自体がが多くなればなるほどリスクは高まります。レバレッジが1倍でも25倍でも取引する数量が同じ1万通貨なら利益も損益も同額ということです。ただし証拠金は25倍よりも1倍の方が多く必要です。
「買いだけでなく売りからも注文することができる」についてはいずれ調べてまとめようと思います。

今回は通貨についてです。

FXを始めるには、取引する通貨を選びます。一般的に、経験が浅い初心者は、現在の基軸通貨である米ドルを選ぶのがいいと言われています。基軸通貨とは、世界の基準とされている通貨で、国際間の決済や金融取引で中心的に使われる通貨のことです。現在の、と書きましたが、以前は米ドルではなく、英ポンドが基軸通貨でした。第二次世界大戦後、経済大国となった米ドルが基軸通貨となりました。

流通量の多い通貨のことを「メジャー通貨」といいます。FXは通貨を交換(売買)することで取引が成立します。売り手がいても、買い手がいなければ取引は成立しません。いつでも売り手と買い手がいて、取引がスムーズに出来る状態を流動性が高いといいます。メジャー通貨には米ドル、日本円、ユーロの世界三大通貨と、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZ(ニュージランド)ドル、カナダドルの準メジャー通貨があります。メジャー通貨は取引量が多いので値動きが安定しているといわれています。しかし英ポンドはメジャー通貨でありながら、値動きが激しい通貨で「悪魔の通貨」と呼ばれることもあるそうです。

これらのメジャー通貨,準メジャー通貨以外の通貨を「マイナー通貨」と呼びます。マイナー通貨は比較的国力や経済力が低い国の通貨で、市場に流通している量も少ないです。流通量が少ないので、取引が思うように出来ない可能性があり、このことを流動性が低いといいます。マイナー通貨には南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどがあります。

FX(外国為替証拠金取引)に限らず、投資にはリスクがつきものですよね。当たり前ですが、FXが必ず儲かるものとは限りません。ですからFXで利益を得る方法を学ぶことと同時に、リスクについても知っておく必要があるように思います。手軽に始めることが出来るからと言って、知識がないままに簡単に始めるのは危険だと思います。

リスクと言ってもさまざまあるようですが、よく言われる4つリスクについてみてみます。

●価格変動のリスク これは為替の変動によって損失がでるリスクのことです。為替相場が予想していたのと反対に変動すれば為替差損が発生します。

●流動性リスク 通貨の流通量が少なく、通貨を売りたいときに売れず、買いたいときに買えない状態になるリスクのことです。

●システムリスク FXは主にインターネット回線を使ってパソコンや携帯電話で取引きを行います。インターネット回線のトラブルやシステム障害、サーバーダウンなど他のトラブルによって取引きが出来なくなるリスクのことです。

●信用リスク 取引きに利用しているFX業者の倒産などにより、被害を受けるかもしれないリスクのことです。以前は、FX業者が倒産した場合、顧客が預けた証拠金が返金されないということもあったようですが、現在は信託保全が義務化されたため、証拠金が返金されないということは基本的にはなくなったようです。しかし、倒産の心配がない業者を選ぶ方が安心して取引きを行えますよね。

FX(外国為替証拠金取引)をするには、FX業者に口座を開設することから始まります。しかし、FX業者と言ってもたくさんあって、投資スタイルが決まっていない初心者の状態では、どの業者に口座を開くか決めるのかは難しいですね。

投資スタイルには投資期間によって大きく3つに分けることができるそうです。短期投資と中期投資と長期投資です。

生活スタイルや性格、目的に合わせて選択することが大事なようです。

短期投資は、投資期間が1日~数日で、為替差益が目的です。短い期間で利益を上げたい人に向いている方法のようです。効率よく利益を上げるためには、レバレッジの倍率を高く設定して短期間に利益を狙いますが、損失も大きくなるので注意が必要です。1日で取引を終了するデイトレードの他に、さらに短い数秒~数分で売買を繰り返すスキャルピングというものもあります。売買取引の回数が多いので、手数料が安くて、スプレッド幅の小さい業者を選ぶ方が良いようです。

中期投資は、投資期間が数週間~数か月で為替差益が目的です。長期間ポジションを保有するのでスワップポイントも期待できるそうです。

長期投資は、投資期間が1年以上です。時間をかけてコツコツと利益を増やしていきたい人に向いているようです。スワップポイントが主な目的です。ロスカットを防ぐためにもレバレッジを低く設定する方が良いらしいです。

どのスタイルを選ぶにしても、リスクがあることを常に意識する必要がありますね。

為替初心者がFX(外国為替証拠金取引)をはじめる場合、いきなり実際に取引をおこなってはいけません。FX会社には、無料で使えるデモ口座というのが用意されている場合が多いので、そちらを使って、仮想取引をおこないましょう。FXの初心者は、デモ口座を使い、FXの用語や取引の操作方法などを学ぶ必要があります。デモ口座は、資金こそ仮想のものですが、実際に表示されている為替レートをそのまま用いている場合が多いので、真剣に取り組めば、レベルアップすることができます。FXで儲けようと思えば、為替差益を狙うか、スワップを貯めるかしないといけません。為替差益を狙う場合は、安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すかしないといけません。それができるようになるには、相場の流れが読めるようになる必要があります。それまでは、損をすることも多いので、デモ口座でたっぷりと練習することが大切です。デモだと仮想のお金なので、真剣に取り組めないといった人がいるようですが、デモで儲けることができなければ、実践で儲けることは不可能だと思います。なので、儲けれるようになるまで、ある程度デモ口座で取引をおこなうのがいいでしょう。また、FXで儲けている人というのは、自分でルールなどを決めていたり、自分の勝ちパターンや相性の良い通貨ペアなどを知っている人が多いので、そういったものを見つけるためにもデモ口座は活用できますので、是非使用してみてくださいね。

為替の初心者には為替取引の一般的な流れというものを把握しておくと安心だと思います。
為替の取引を始めるには、まず最初に証券会社やFX取引の業者に口座を開設し、資金(証拠金)を預け入れます。預け入れた資金は証拠金として業者に預けているだけですので、直接取引に使用するわけではありません。FX取引は差金決済取引ですので、取引によって利益が出た場合にはその分が証拠金に加算され、また損失が出た場合には証拠金から差し引かれるという仕組みになっています。
最近では複数の条件の違う業者で口座を開設するケースがよくあるようです。手法による口座の使い分けや、情報収集のためだそうです。初心者よりワンランク上を目指す余裕が持てるようになったら、もう一度業者の比較検討をしてみて現在利用している口座の業者とは別の業者で口座を開設してみるのも良いでしょう。
為替の取引では取引所を介さず業者と直接取引をする店頭取引と、業者の仲介を受けて取引所を介して取引する取引所取引があります。
後者の取引所取引では2010年に株式会社ジャスダック(JASDAQ)取引所を吸収合併した大阪証券取引所の「大証FX」と東京証券取引所の「くりっく365」があります。「大証FX」は証券取引所としては初めて大阪証券取引所が開設した外国為替証拠金取引です。
為替の取引には、初心者には耳慣れないいろいろな用語が使用されます。為替取引の手法や情報も必要ですが、専門的な用語をできるだけ理解して知っておく必要もあります。専門的な言葉が多いので情報収集するにも意味が理解できていないと役に立ちませんよね。インターネットなどで調べながら用語知識も増やしていきましょう。

FX(外為証拠金取引)をやってみようと思い、その業者を選ぶ際に、どこの業者がいいのかなど、ネットで調べている人もいるかと思います。検索していると沢山のFX業者が出てくると思います。

FXの特徴について色々と紹介してきましたが、手数料が安いことも特徴のひとつです。

外貨を取り扱っている者にはFXの他に外貨預金というものがありますが、コレもFXと同様、預金とはいえど時には損をする場合も普通にあります。全くのリスクがない取引というのは世の中に存在しないと思っていてもいいでしょうね。

外貨預金だと、しかも損をした上に、数%の手数料が引かれてしまいますから、実際の利率はかなり低いものになってしまい、何をやっているのかよくわからなくなります。

それに比べ、FXでは取引の時にかかってくる手数料のみで済むので、実際に計算してみると数十分の一程度の手数料でOKということになります!ここがFXのメリットですね!

ちなみに、金利に関しても、外貨預金と同様に受け取ることができます。

業者選びを慎重にしないと意外に危険であるFXなのですが、やはり人が注目する者には必ず悪徳業者というものが存在します。

私が以前に行ったことのあるアフィリエイトスクールというものでは、そのFX業者を選ぶポイントについてやクレジットカード還元率などについてまで、いろいろと教えて頂きました。

今となっては法整備も進んでいるので、取引ツールも充実して手数料も安くなっているので今がいい時期かと思います。個人投資家にとっても、FXに取り組みやすい状況だと言えますよ!

かといってFX業者による業者リスクがまったくなくなった訳ではないので、業者選びは決して簡単ではありません。

選ぶ際のポイントとしては、取引環境についてですが、インターネットで取引できることは必須条件です。この他にも、携帯などモバイルや電話での取引もできれば尚良しです。

そして大事な手数料などについて。FXのスワップ金利というものに注目で、FXスワップ金利や手数料が他のFX業者と比べてどうかなども大事です。

他にも、コストや取引システムの機能性や使いやすさに注目をして、いろいろな業者と比較してみてください。

また、2ウェイフプライスを提示しているのがいいと思います。売りと買いの両方の為替レートを提示しているFX業者を選び、また、売買のスプレッドがなるべく小さいかどうかも重要なポイントです。

そして証拠金の保全についてですが、顧客の証拠金と業者の事業資金を厳密に分けて管理しているのかどうかも分かれば調べてみてください。24時間営業しているのも選ぶポイントですね。

いい業者と巡り合えたらいいですね。

為替取引について色々と紹介してきていますが、定期預金や投資信託などと言ったものよりも、もっと期待できる高利回りなものがFXではないかと言われています。(もちろんそのひとによってFXに対する評価は違うかと思いますが。)

最近ではFX(外為保証金取引)が注目されていますが、FXとは一体どういったものなのか皆さんは知っていますか?

おそらく、株の初心者の方のイメージとしては、株とFXは同じようなものだと思っている人も多いはずです。

その違いを知る為にも、為替取引のFXの特徴について調べてみました!

FXとは簡単に言えば、通貨の売り買いをして利益をだすという取引方法のことを言います。FXと言ったり、外国為替証拠金取引と言ったり、外為保障金取引と言ったりもします。

例えば、欲しいと思っていたものを安く買うことができて、それに飽きた時に定価以上の価格で高く売ることができたら・・・と言うのと同じことです。この“欲しいと思っていたもの”を米ドルに置き換えるとわかりやすいかと思います。

利益が出るのは誰でもわかりますよね!安く売って高く売る、こんなにいい仕組みがずっと続けば、自然とお金持ちになれますよね!それを積極的に狙って投資をするのがFXなのです。

もちろんそんな簡単にお金持ちになれるほど、儲かり続けるわけはないですけどね。楽して儲かることなんて世の中には絶対にありませんから。

ですがこのFXの大きな特徴なのが、最初の段階である“買い”からの取引ではなく、“売り”からの取引も可能だということ。

そしてもう1つの特徴として、24時間取引が可能だというくらい、為替取引時間が長いのです。
ちなみに株式を行っている、“東京証券取引所”では9時~15時までの間だそう。

このように、FXの取引時間が長いのは、“世界中の市場”で為替取引を行う為だからです。

今回は流れを少し変えて、“為替”という言葉が一体どこから来ているのか、為替取引の歴史について調べたものを紹介していきたいと思います。

為替取引の始まりは、鎌倉・室町時代だと言われています。この時代の「為え銭(かえせん・かえぜに)」という言葉が始まりだそうです。

この為え銭というのは、どういった使われ方をしてきたのかというと、造り酒屋などで領主に毎年納入しなくてはいけない多額の年貢に困った農民らの為に“金貸し”を行っていて、そこで利用されていたのがこの替え銭なんだとか。

その時代の経済の中心的な役割を担っていたというのが、この造り酒屋なんだそう。

鎌倉・室町時代から江戸時代に入る頃には、“金貸し”から“立て替え払い”という業務まで事業(?)を拡大していたそうです。昔から、頭がいい容量のいい人はいるものなんですね!そして貧富の差も激しそう・・・。

当時の江戸は消費が拡大していき、そのため大量の仕入れは今の“大阪”からまかなっていたんだそうなのですが、そこで生まれたのが、今の「為替」なんだとか!

江戸から大阪へ、大阪から江戸へというように、その間現金を輸送することなく決済する仕組みが生まれていて、その品物の買い付けなどによって動いている資金を「両替商」が帳面に管理していたそうです。(今でいう帳簿みたいなものなのかな?)

受取人に支払人が支払うお金のことを為替銀と言っていたそうなのですが、これが現在の銀行が行う内国為替と呼ばれる送金業務の原点だそうです。あらためて思いますが、先人達というのはすごい人が沢山いたんですね。もちろん今も素晴らしい人材が沢山おられますが。

そして、その金貸し業や送金業まで全てをやるのが銀行と呼ばれるようになっていきます。
ちなみに日本国内では、銀行法によって為替業務は“銀行以外”では行えない用になっているので注意してくださいね。

今ではお金の決済も何もかも電子で行えるようになりましたね。もちろん為替をインターネットで取引に関することなども調べることがもできる時代になりました。ネットの普及によって危険なことも沢山ありますが、すごく便利な世の中になりましたよね。

FXや為替をやっている人、こういった歴史を知った上でこれからもやってみてくださいね。

為替取引について紹介しているわけですが、為替取引が私達の日常生活においてどのような関係があるのかということを紹介していこうかと思います。

例えば有名な某ハンバーガー屋さんで売られているハンバーガーについて。

ハンバーガーといってもメニューによって色々な材料が使われていて、牛肉や豚肉、鶏肉、レタス、トマト、ピクルス、そしてパン(小麦)などの食材が使われています。実はこれらの食材のほとんどが外国からの輸入に頼っているわけですね。

その仕入額に関して詳しいことはわかりませんが、仕入れに関して何割かは“外国為替取引”で行われているのだそうです。すべてが外国為替取引ではないことがわかりましたが、そういった取引方法が色々と違うのはなんだかややこしくなりそうですよね・・・そして、わざわざ分けていることに少し驚きです。

と、そんな話はいいのですが、円高の時期に1円動くと為替の取引においてどのくらい差額が出ると思います?

なんとその仕入れ値には、“2億円相当”の為替差益が生じるのだそう!たかが1円、されど1円という言葉がまさにピッタリな世界ですよね・・・。このことから、外国為替相場とハンバーガーの値段が非常に関係のあることだというのが分かりますね!

外国為替レートについて説明していこうと思うのですが、外国為替レートとは簡単に言えば「通貨の交換比率」のこと。

この交換比率というのは通貨国の経済情勢の変化などによって色々と影響を受けるため、通貨の需要と供給の変化によって変動するということなんですね。またひとつ勉強になりますね!

ちなみに外貨取引をする外国為替市場を構成する銀行間の取引によって決められます。売りたいと思う人が買いたいと思う人より多ければ、価格は下落してしまいますし、逆なら上昇するということですね。

世界中のお金の流れというのは、この外国為替市場を通じて行われてるのです。

経済